クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク

クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク

クレジットカード現金化は、クレジットカードが利用停止になるリスクを持っています。

現金化は便利なサービスですが、注意をして利用しないと後で困ったことがたくさん出てくることがあります。

利用停止のリスクを把握して、快適で安全な方法で現金化を利用しましょう。

クレジットカード現金化で想定されるリスクとは?

クレジットカード現金化は新しいサービスであり、また、徐々に利用者を増やしている人気サービスでもあります。

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる方法であり、急な出費でお金が足りない、現金で支払う必要がある、といった場面で役立ちます。

しかし、比較的新しいサービスなので、利用者はいくつかの点に注意しながら使う必要があります。

①.悪質な業者に騙される

クレジットカード現金化では、たくさんの業者が参入しており、玉石混合となっています。

中にはカード番号を騙し取ったり不正利用をするなどの悪いことをたくらむ業者もいるようです。

②.使いすぎで返済に困る

キャッシング枠の少ないクレジットカードで現金を手に入れられることがうれしくて、つい使いすぎてしまったということもあります。

現金化では業者への支払いはありませんが、使ったクレジットカード会社への支払いは残ります。

使った分だけ返済が負担になるので、使いすぎには注意が必要です。

③.クレジットカードの利用停止

上記2つの注意点は、どちらかというと「ついうっかり」やってしまうもので防ぎようがありませんが、これだけは最初から分かっているリスクです。

クレジットカードの現金化では、使い方によってはカードの利用を止められる恐れがあります。

基本的にクレジットカードは、換金目的で使ってはいけないと規約で決められています。

そのため、現金化が発覚すると利用停止になる恐れがあるのです。

クレジットカードの利用停止はダメージの大きいリスクですが、事前に対策・注意をしておくことで回避できるものでもあります。

理由はいろいろ!クレジットカードの利用停止とは

クレジットカードの利用停止は、現金化以外の理由でも行われています。

利用停止は不便なものに感じますが、カード契約者を守るための大切な制度です。

①.盗難や紛失で

カードの利用停止はクレジットカードを紛失した、盗難に遭った場合に行われます。

カード会社に連絡するとすぐに対応してもらえるため、不正利用リスクを最小限にすることができます。

②.不正利用の疑いで

フィッシングやスキミングなど、詐欺行為などに遭った場合も、気づいた時点で利用停止してもらえます。

利用明細をチェックして内容に異常があった場合、連絡すると止めてもらえます。

また、カード会社の自動検知システムによって発覚することもあり、その場合には契約者に確認の連絡があります。

普段とは違った買い物の仕方、遠く離れた場所でカードが使われたり、急に高額な商品購入をしたりなどの異常があるとカード会社の機械が自動で検出してくれます。

③.換金性の高い商品の利用で

不正利用と同じようなことですが、換金性の高い商品を大量に購入した場合も自動検知システムに引っかかり、利用停止になることがあります。

これはモロにクレジットカード現金化であるパターンであり、契約者の現金化利用、もしくは他者の不正利用の疑いで検知されています。

カードは使える?使えない?利用停止後の流れ

クレジットカードの利用停止は基本的には一時的なものであり、その後はカード会社が調査などを行い、次の対応を行います。

問題ないことが分かれば復活

カード利用に不正や疑惑がなくなれば、カードは復活して元の通りに使えるようになります。

紛失や盗難、他者による不正利用の場合にはカードを再発行してくれます。

カード番号も一新されるため、ネットの登録なども変える必要はありますが、契約者の安全な利用を守るために大切なものです。

また、一定の条件の下で不正に利用されてしまった金額は保証してもらうこともできます。

問題があったら会員資格の取り消しへ

クレジットカード会員規約の会員資格取り消しの項目には必ず、「換金を目的とした商品購入の疑い」という文言があります。

つまり、換金を目的とした利用であることが分かればカード会員資格は取り消し、カードを使えなくなってしまいます。

一括請求やブラックリストの可能性

クレジットカードの会員規約に違反することで会員資格が取り消しになるとクレジットカードが使えないだけでなく、さまざまな不都合が起こります。

ほとんどのケースであるのが、残高の一括支払いの請求とブラックリスト入りです。

一括支払いでは、現金化に使った分だけではなく最終時点での全ての残高を一度に返済しなければいけません。

ブラックリストとは信用情報機関への登録のことで、カード規約に違反して会員資格取り消しとなったことが他のカード会社にも情報共有されます。

つまり、一定期間は他のカード会社へ申込をしても新しいカードは作れないと考えた方が良いでしょう。

現金化がバレた!利用停止リスクの高い商品・購入法とは

クレジットカードの現金化は、カード会社に分かってしまうと利用停止、さらにはカード会員資格の取り消し、一括請求のリスクになります。

お金がないから現金化を利用したのに、一括請求や新しいカードが使えない状況は非常に困ります。

実は、クレジットカード現金化では、利用する商品や購入の方法などによってカード会社にバレやすくなることがあるようです。

①.チケット類

換金性の高いのは、いわゆる金券、チケット類です。

デパートなどの商品券、旅行券、ギフト券、新幹線の回数券などがクレジットカード現金化でも多く使われており、バレやすくなっています。

新幹線の回数券であれば、東京-大阪間などの利用者が多い区間が特に注意を引きやすいものです。

②.高価なブランド

高価なブランド品も、換金できる商品です。

金券やチケットと比較すると換金性はそれほど高くなく、現金化発覚のリスクも低めですが、急にたくさん購入したり、たびたび利用すると現金化の疑いを掛けられる恐れはあります。

③.電化製品・ゲーム機

電化製品やゲーム機なども現金化の疑いを掛けられがちな商品となります。

個人で購入して換金することも多く、小遣い稼ぎの気分でゲームソフトなどを換金する人もいるようです。

これも発覚リスクは低めで、ひとつだけでは疑われませんが、何度も購入を繰り返していると現金化を疑われる恐れが出てきます。

④.キャッシング枠が残っていない

キャッシング枠が残っていない状態で上記の買い物をし始めることで、クレジットカード現金化の疑いを掛けられることもあります。

キャッシング枠を使い果たし、枠が不足して現金化を始めたと思われる可能性があります。

また、キャッシング枠の使いすぎはお金がないというイメージを与え、ショッピングの支払いが滞る恐れがあると判断される可能性もあります。

カード会社の判断によっては、それ以上の使いすぎを防ぐために利用停止になってしまうかも知れません。

⑤.ショッピングが急に増えた

クレジットカードの自動検知システムでは、顧客の買い物の傾向と照らし合わせて不審なものを検知しています。

急激にショッピングの回数、金額が増えたり、不自然に同じものを購入したりといった不自然な行為が目に留まると現金化の疑いを掛けられる可能性があります。

クレジットカードの利用停止リスクに注意して業者選びを

クレジットカード現金化で利用停止になる原因や商品は、自分の注意で避けられることもあります。

現金化は便利ですが、利用停止、さらに会員資格の取り消しまで進むと不都合が多くなります。

クレジットカード現金化を利用するなら、バレるリスクが高い商品を扱っている業者は避けて、安全に利用できる業者を選びましょう。