安全にクレジット現金化する方法 | カード会社にバレない3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード現金化を利用するときにカード会社にバレないようにするのは重要なことです。

クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク』でも解説しているように、クレジットカード現金化はカード会社にバレるとさまざまなペナルティを課せられてしまいます。

ですので、クレジットカード現金化はカード会社にバレないように利用しなくてはなりません。

ということで、今回は安全にクレジットカード現金化をする3つのコツを解説します。

現金化行為がカード会社にバレるとどうなるの?

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反した行為です。

そのため、カード会社からクレジットカード現金化は禁止されているのですが、カード会社にバレてしまった場合、どのようなペナルティが課せられるのでしょうか?

カード会社からのペナルティは大きく分けて3つ考えられます。

  • カードの利用停止
  • 利用額の一括請求
  • ブラックリスト入り

それぞれのペナルティについて詳しく解説しますので、クレジットカード現金化のペナルティについても詳しく知っておきましょう。

①.カードの利用停止

クレジットカード現金化は利用規約で禁止されていますので、当然バレてしまえばカードは利用停止にされてしまいます。

②.利用額の一括請求

クレジットカード現金化はカード会社にとって重い罪と見なされており、カード利用停止になるだけでなく、カード会員の資格を剥奪される可能性があります。

もし、剥奪されてしまえば今までに使ったショッピング枠やキャッシング枠の利用額を一括請求されることになります。

③.ブラックリスト入り

クレジットカード現金化がバレた場合、カード会社にとって悪質なカードホルダーとして見なされることになりますので、同グループでクレジットカード作ることはできなくなります。

また、信用情報にも記載されますので、次にカードを作るときにも悪影響を及ぼします。


この3つがカード会社にクレジットカード現金化がバレたときのペナルティですね。

どれも利用者にとって厳しいものばかりで、事実クレジットカード現金化が原因で多重債務を抱えてしまった方も多く存在しています。

そのようなことにならないためにも、安全にクレジットカード現金化を利用する方法について詳しく知っておきましょう。

カード会社にバレずに安全に現金化をする3つのコツ

クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまうのには理由があり、その理由はこちらの3つだと言われています。

  • 換金性の高い商品の購入
  • 利用限度額までの利用
  • 商品買取方式による現金化

これらの理由に注意してクレジットカード現金化をおこなえばカード会社にバレることはありません。

では、それぞれの理由について詳しい解説をしていきましょう。

①.換金性の高い商品はNG

換金性の高い『新幹線の回数券』などの商品は90%以上で現金化ができる優秀な商品ではありますが、カード会社もそのことを知っていますので厳しく監視されています。

そのため、換金性の高い商品の現金化はカード会社に発見されやすいのです。

人によっては商品を購入しただけでカードが利用停止にされたこともあるようなので、クレジットカード現金化で換金性の高い商品を購入するのは辞めておくのが無難です。

②.限度額いっぱいの利用は控える

限度額いっぱいまでショッピング枠・キャッシング枠を使っている場合、カード会社にお金に困っていると判断され、現金化をするのではとマークされることもあります。

すでに限度額まで使っている方や限度額までクレジットカード現金化を使おうと思われている方はリスクが高いので要注意です。

③.キャッシュバック方式で取引する

商品買取方式で現金化をする場合、換金性の高い商品を購入することになりますので利用停止のリスクが高いです。

安全に取引をするためにも、クレジットカード現金化はキャッシュバック方式を利用しておこなったほうが良いでしょう。

キャッシュバック方式であればすることは普段の買い物と何も変わりませんのでクレジットカードが利用停止になることなく資金調達が可能です。

安全にクレジットカード現金化をする方法のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化には利用停止という重いペナルティが存在しており、カード会社にバレずに利用することが大切です。

こちらでご紹介した3つのコツを守れば利用停止になることなく、安全にクレジットカード現金化を使うことができますので、クレジットカード現金化をするときは3つのコツを忘れないでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*