クレジットカード現金化を自分でする方法 | 換金率の高い商品とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード現金化とは?わかりやすく仕組みを解説!』で解説しているように、クレジットカード現金化は業者を使っておこなうのが一般的です。

しかし、業者を使わずに自分でできないワケではなく、クレジットカード現金化を自分でする方法もあります。

ここでは、そんなクレジットカード現金化を自分でする方法について解説していきましょう。

クレジットカード現金化を自分でする方法とは?

クレジットカード現金化を自分でする方法とはとても簡単です。

  1. クレジットカードで商品を購入
  2. 購入した商品を売却
  3. 買取価格分の現金がもらえる

つまり、クレジットカードで購入した商品を転売するってことですね。

ただ商品を売るだけですので、誰にでもできる簡単な手段と言えるでしょう。

自分でする現金化で購入するのは換金性の高い商品

この自分でする現金化で購入する商品は何でもいいワケではなく、換金性の高い商品を購入しなければ高い換金率での取引はできません。

一般的には下記の商品が効率が良いと言われています。

  1. ブランド物
  2. 家電
  3. 新幹線の回数券

それぞれの商品について詳しく解説していきますので、自分でクレジットカード現金化を利用するときはこちらの商品を購入してみてくださいね。

①.ブランド物

人気の高いブランドの商品は買取価格が高く設定されており、換金性の高い商品のひとつです。

とくに

  • ルイヴィトン
  • グッチ
  • シャル
  • エルメス

といったブランドは買取価格が高いのでブランド物を購入するときはこちらのメーカーの商品を選ぶのが良いでしょう。

②.家電

家電は最新商品がでることの多い商品で、一番最新のものであれば換金率も高くなっています。

また、最近ではデジタルカメラやパソコン、スマホといった商品が高いので、こちらがオススメです。

ただし、家電は商品によっての買取価格の差が激しく、ある程度知識がなければ高い換金率で現金化をすることはできません。
自分が詳しい商品を選ぶようにご注意ください。

③.新幹線の回数券

新幹線の回数券は自分でする現金化で最も換金率の高い商品です。

需要が高いため高額で取引がされており、金券ショップで90%以上で取引がされていることもめずらしくはありません。

また、購入も簡単で売却先も多くあるのでクレジットカード現金化をするなら新幹線の回数券が一番の商品と言えるでしょう。

自分でするクレジットカード現金化のリスク

自分でするクレジットカード現金化の場合は業者に手数料を支払う必要がありませんので、高い換金率で取引が可能なことが特徴です。

換金率も80%~90%で設定されていますので、高い換金率での現金化をしたい方には魅力的な方法に思えることでしょう。

しかし、自分でする現金化にはメリットばかりではなく、リスクも存在しています。

実は、自分でする現金化は換金率の高い商品を購入する必要があるためカード会社にバレやすく、クレジットカードが利用停止にされやすいのです。

参考:クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク

クレジットカードが利用停止にされてしまうと、カードが使えなくなるだけでなく使ったショッピング枠の一括請求もされてしまいます。

自分でする現金化は高い換金率で取引ができる代わりにリスクの高い方法となっていますので、利用の際には注意しなければなりません。

自分でするクレジットカード現金化のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化には業者を使う方法のほかに自分でする方法もあります。

高い換金率で取引ができますが、その分手間がかかったりクレジットカードの利用停止のリスクが増加していますので、クレジットカード現金化を使うときは注意が必要です。

安全に取引したい方は業者を使った方法。
高い換金率で取引がしたい方は自分でする方法といったように使い分けて利用してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*