クレジットカード現金化は違法? | 法律から読み解く業界の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「クレジットカード現金化って違法なサービス?」

実際にこのように思われている方も多く、クレジットカード現金化は闇金のようなサービスだと思われている方も少なくありません。

そこで、ここではクレジットカード現金化の違法性について解説をいたします。

クレジットカード現金化は違法?

結論から言いますと、クレジットカード現金化は違法ではありません。

クレジットカード現金化とは?わかりやすく仕組みを解説!』でもお話しているように、クレジットカード現金化は商品の購入のオマケとして現金を渡しています。

そのため、貸金業には該当せず、法律で禁止はされていないのです。
言ってしまえばコンビニのポイントカードが現金になった形ですので、異邦とされ逮捕される心配は皆無と言って良いでしょう。

ただし、クレジットカード現金化は法律では禁止されていませんが、カード会社の利用規約には違反している行為ではありますので、完全に安全な方法というワケではありません。

参考:『クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク

カードが利用停止になってしまった場合、このようなリスクが考えられます。

  1. カードが使えなくなる
  2. 利用限度額の一括請求
  3. 金融ブラック化

クレジットカード現金化は法律では禁止されていませんが、利用規約には違反していますので利用するときは注意しましょう。

クレジットカード現金化業者が逮捕された理由

クレジットカード現金化には逮捕された業者も存在しており、そのことから現金化は違法だと言う方も多いです。

しかし、先ほども話したようにクレジットカード現金化は法律で禁止されてはいないので違法な行為ではありません。

では、なぜクレジットカード現金化業者は逮捕されたのでしょうか?

その理由は逮捕された現金化業者が詐欺まがいの取引を繰り返していたことにあります。

逮捕された業者はどこも換金率を誤魔化して伝え、あとからそれより低い金額を振り込んだり、または現金をまったく振り込まなかったりといった取引を行っていました。

そのため、被害者が警察に通報をし、現金化業者は貸金業法違反・出資法違反の罪で逮捕されることになったのです。

つまり、クレジットカード現金化が原因で業者が逮捕されたのではなく、その取引方法に問題があって逮捕されたってことですね。

詐欺をおこなう悪質業者がいなくなったワケではありませんが、まっとうな業者を利用していればクレジットカード現金化が違法になることはありません。

また、利用者が逮捕されるといったこともありませんので安心しても良いでしょう。

クレジットカード現金化の違法性のまとめ

クレジットカード現金化という行為が違法だと思われている方も多くいますが、実際にはクレジットカード現金化は違法ではありません。

もちろん、利用者が逮捕されることもありませんのでご安心くださいね。

まったくリスクのない方法というワケではありませんが、金欠のときには役立つ方法となるのは間違いありませんので、お金に困ったときはぜひクレジットカード現金化を使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*