クレジットカード現金化について

安全にクレジット現金化する方法 | カード会社にバレない3つのコツ

クレジットカード現金化を利用するときにカード会社にバレないようにするのは重要なことです。

クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク』でも解説しているように、クレジットカード現金化はカード会社にバレるとさまざまなペナルティを課せられてしまいます。

ですので、クレジットカード現金化はカード会社にバレないように利用しなくてはなりません。

ということで、今回は安全にクレジットカード現金化をする3つのコツを解説します。

現金化行為がカード会社にバレるとどうなるの?

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反した行為です。

そのため、カード会社からクレジットカード現金化は禁止されているのですが、カード会社にバレてしまった場合、どのようなペナルティが課せられるのでしょうか?

カード会社からのペナルティは大きく分けて3つ考えられます。

  • カードの利用停止
  • 利用額の一括請求
  • ブラックリスト入り

それぞれのペナルティについて詳しく解説しますので、クレジットカード現金化のペナルティについても詳しく知っておきましょう。

①.カードの利用停止

クレジットカード現金化は利用規約で禁止されていますので、当然バレてしまえばカードは利用停止にされてしまいます。

②.利用額の一括請求

クレジットカード現金化はカード会社にとって重い罪と見なされており、カード利用停止になるだけでなく、カード会員の資格を剥奪される可能性があります。

もし、剥奪されてしまえば今までに使ったショッピング枠やキャッシング枠の利用額を一括請求されることになります。

③.ブラックリスト入り

クレジットカード現金化がバレた場合、カード会社にとって悪質なカードホルダーとして見なされることになりますので、同グループでクレジットカード作ることはできなくなります。

また、信用情報にも記載されますので、次にカードを作るときにも悪影響を及ぼします。


この3つがカード会社にクレジットカード現金化がバレたときのペナルティですね。

どれも利用者にとって厳しいものばかりで、事実クレジットカード現金化が原因で多重債務を抱えてしまった方も多く存在しています。

そのようなことにならないためにも、安全にクレジットカード現金化を利用する方法について詳しく知っておきましょう。

カード会社にバレずに安全に現金化をする3つのコツ

クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまうのには理由があり、その理由はこちらの3つだと言われています。

  • 換金性の高い商品の購入
  • 利用限度額までの利用
  • 商品買取方式による現金化

これらの理由に注意してクレジットカード現金化をおこなえばカード会社にバレることはありません。

では、それぞれの理由について詳しい解説をしていきましょう。

①.換金性の高い商品はNG

換金性の高い『新幹線の回数券』などの商品は90%以上で現金化ができる優秀な商品ではありますが、カード会社もそのことを知っていますので厳しく監視されています。

そのため、換金性の高い商品の現金化はカード会社に発見されやすいのです。

人によっては商品を購入しただけでカードが利用停止にされたこともあるようなので、クレジットカード現金化で換金性の高い商品を購入するのは辞めておくのが無難です。

②.限度額いっぱいの利用は控える

限度額いっぱいまでショッピング枠・キャッシング枠を使っている場合、カード会社にお金に困っていると判断され、現金化をするのではとマークされることもあります。

すでに限度額まで使っている方や限度額までクレジットカード現金化を使おうと思われている方はリスクが高いので要注意です。

③.キャッシュバック方式で取引する

商品買取方式で現金化をする場合、換金性の高い商品を購入することになりますので利用停止のリスクが高いです。

安全に取引をするためにも、クレジットカード現金化はキャッシュバック方式を利用しておこなったほうが良いでしょう。

キャッシュバック方式であればすることは普段の買い物と何も変わりませんのでクレジットカードが利用停止になることなく資金調達が可能です。

安全にクレジットカード現金化をする方法のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化には利用停止という重いペナルティが存在しており、カード会社にバレずに利用することが大切です。

こちらでご紹介した3つのコツを守れば利用停止になることなく、安全にクレジットカード現金化を使うことができますので、クレジットカード現金化をするときは3つのコツを忘れないでくださいね。

クレジットカード現金化の換金率の真実 | 実際に振り込まれる金額ではない!?

金欠でお困りのときにクレジットカード現金化が役立つ手段であるのは間違いないでしょう。

しかし、クレジットカード現金化には換金率が定められており、使ったショッピング枠をそのまま受け取ることはできません。

そして、利用する業者によっても換金率は異なりますので、お得に現金化をするためには換金率について詳しく知っておくことが重要なのです。

ここではクレジットカード現金化の換金率について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化の換金率とは?

先ほども言いましたように、クレジットカード現金化は使ったショッピング枠を100%受け取れるワケではありません。

というのも、業者ごとに換金率が設定されており、その数値で決められた割合の金額しか受け取ることができないのです。

たとえば、10万円の現金を手元に残そうと換金率80%の業者を使った場合、10万円÷80%(0.8)=12500円の商品を購入する必要があります。

この換金率は業者を比較する上でもっとも重要な要素となりますのでクレジットカード現金化を利用するときは換金率の高い業者を比較して選ぶように注意しましょう。

現金化業界の換金率の実態

現金化業者の公式HPにはズラりと高い換金率が記載されており、すべての数値が90%以上であることもめずらしくはありません。

しかし、この換金率は実際の取引では適用されることはありません。

というのも、この業界では公式HPに記載される換金率は最大値であり、実際の取引では手数料が引かれるため表記よりずっと少ない金額しか入金されることはないのです。

クレジットカード現金化では以下の手数料がかかります。

  1. クレジットカード決済手数料
  2. 消費税
  3. 商品配送料

総額15%~20%となっており、この金額が表記されている換金率から引かれることになります。

表記されている換金率は実際に振り込まれる金額ではなく、業者選びの参考にできる数値ではありませんのでクレジットカード現金化を利用するときは表記の数値ではなく、実際の入金額の多い業者を選ぶように注意しなければなりません。

クレジットカード現金化の換金率のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化は金欠のときには便利な方法ですが、換金率があり、利用者が必ず損をするシステムです。

また、表記されている業者の換金率は当てにならないことがほとんどですので、換金率に関しては気をつけたほうが良いでしょう。

みなさんもクレジットカード現金化をするときは少しでも高い換金率で取引ができるように業者の比較を忘れないでくださいね。

クレジットカード現金化は違法? | 法律から読み解く業界の謎

「クレジットカード現金化って違法なサービス?」

実際にこのように思われている方も多く、クレジットカード現金化は闇金のようなサービスだと思われている方も少なくありません。

そこで、ここではクレジットカード現金化の違法性について解説をいたします。

クレジットカード現金化は違法?

結論から言いますと、クレジットカード現金化は違法ではありません。

クレジットカード現金化とは?わかりやすく仕組みを解説!』でもお話しているように、クレジットカード現金化は商品の購入のオマケとして現金を渡しています。

そのため、貸金業には該当せず、法律で禁止はされていないのです。
言ってしまえばコンビニのポイントカードが現金になった形ですので、異邦とされ逮捕される心配は皆無と言って良いでしょう。

ただし、クレジットカード現金化は法律では禁止されていませんが、カード会社の利用規約には違反している行為ではありますので、完全に安全な方法というワケではありません。

参考:『クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク

カードが利用停止になってしまった場合、このようなリスクが考えられます。

  1. カードが使えなくなる
  2. 利用限度額の一括請求
  3. 金融ブラック化

クレジットカード現金化は法律では禁止されていませんが、利用規約には違反していますので利用するときは注意しましょう。

クレジットカード現金化業者が逮捕された理由

クレジットカード現金化には逮捕された業者も存在しており、そのことから現金化は違法だと言う方も多いです。

しかし、先ほども話したようにクレジットカード現金化は法律で禁止されてはいないので違法な行為ではありません。

では、なぜクレジットカード現金化業者は逮捕されたのでしょうか?

その理由は逮捕された現金化業者が詐欺まがいの取引を繰り返していたことにあります。

逮捕された業者はどこも換金率を誤魔化して伝え、あとからそれより低い金額を振り込んだり、または現金をまったく振り込まなかったりといった取引を行っていました。

そのため、被害者が警察に通報をし、現金化業者は貸金業法違反・出資法違反の罪で逮捕されることになったのです。

つまり、クレジットカード現金化が原因で業者が逮捕されたのではなく、その取引方法に問題があって逮捕されたってことですね。

詐欺をおこなう悪質業者がいなくなったワケではありませんが、まっとうな業者を利用していればクレジットカード現金化が違法になることはありません。

また、利用者が逮捕されるといったこともありませんので安心しても良いでしょう。

クレジットカード現金化の違法性のまとめ

クレジットカード現金化という行為が違法だと思われている方も多くいますが、実際にはクレジットカード現金化は違法ではありません。

もちろん、利用者が逮捕されることもありませんのでご安心くださいね。

まったくリスクのない方法というワケではありませんが、金欠のときには役立つ方法となるのは間違いありませんので、お金に困ったときはぜひクレジットカード現金化を使ってみてください。

クレジットカード現金化を自分でする方法 | 換金率の高い商品とは?

クレジットカード現金化とは?わかりやすく仕組みを解説!』で解説しているように、クレジットカード現金化は業者を使っておこなうのが一般的です。

しかし、業者を使わずに自分でできないワケではなく、クレジットカード現金化を自分でする方法もあります。

ここでは、そんなクレジットカード現金化を自分でする方法について解説していきましょう。

クレジットカード現金化を自分でする方法とは?

クレジットカード現金化を自分でする方法とはとても簡単です。

  1. クレジットカードで商品を購入
  2. 購入した商品を売却
  3. 買取価格分の現金がもらえる

つまり、クレジットカードで購入した商品を転売するってことですね。

ただ商品を売るだけですので、誰にでもできる簡単な手段と言えるでしょう。

自分でする現金化で購入するのは換金性の高い商品

この自分でする現金化で購入する商品は何でもいいワケではなく、換金性の高い商品を購入しなければ高い換金率での取引はできません。

一般的には下記の商品が効率が良いと言われています。

  1. ブランド物
  2. 家電
  3. 新幹線の回数券

それぞれの商品について詳しく解説していきますので、自分でクレジットカード現金化を利用するときはこちらの商品を購入してみてくださいね。

①.ブランド物

人気の高いブランドの商品は買取価格が高く設定されており、換金性の高い商品のひとつです。

とくに

  • ルイヴィトン
  • グッチ
  • シャル
  • エルメス

といったブランドは買取価格が高いのでブランド物を購入するときはこちらのメーカーの商品を選ぶのが良いでしょう。

②.家電

家電は最新商品がでることの多い商品で、一番最新のものであれば換金率も高くなっています。

また、最近ではデジタルカメラやパソコン、スマホといった商品が高いので、こちらがオススメです。

ただし、家電は商品によっての買取価格の差が激しく、ある程度知識がなければ高い換金率で現金化をすることはできません。
自分が詳しい商品を選ぶようにご注意ください。

③.新幹線の回数券

新幹線の回数券は自分でする現金化で最も換金率の高い商品です。

需要が高いため高額で取引がされており、金券ショップで90%以上で取引がされていることもめずらしくはありません。

また、購入も簡単で売却先も多くあるのでクレジットカード現金化をするなら新幹線の回数券が一番の商品と言えるでしょう。

自分でするクレジットカード現金化のリスク

自分でするクレジットカード現金化の場合は業者に手数料を支払う必要がありませんので、高い換金率で取引が可能なことが特徴です。

換金率も80%~90%で設定されていますので、高い換金率での現金化をしたい方には魅力的な方法に思えることでしょう。

しかし、自分でする現金化にはメリットばかりではなく、リスクも存在しています。

実は、自分でする現金化は換金率の高い商品を購入する必要があるためカード会社にバレやすく、クレジットカードが利用停止にされやすいのです。

参考:クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク

クレジットカードが利用停止にされてしまうと、カードが使えなくなるだけでなく使ったショッピング枠の一括請求もされてしまいます。

自分でする現金化は高い換金率で取引ができる代わりにリスクの高い方法となっていますので、利用の際には注意しなければなりません。

自分でするクレジットカード現金化のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化には業者を使う方法のほかに自分でする方法もあります。

高い換金率で取引ができますが、その分手間がかかったりクレジットカードの利用停止のリスクが増加していますので、クレジットカード現金化を使うときは注意が必要です。

安全に取引したい方は業者を使った方法。
高い換金率で取引がしたい方は自分でする方法といったように使い分けて利用してみてくださいね。

クレジットカード現金化とは?わかりやすく仕組みを解説!

「クレジットカード現金化ってなに?」

このように思われている方も多いことだと思います。

クレジットカード現金化は多くの方が使うサービスになってきたものの、やはりまだ認知度の高いサービスとは言えませんので知らない方も多いかもしれませんね。

そこで、今回はクレジットカード現金化の仕組みについて詳しい解説をしていきます。

クレジットカード現金化について知りたい方はぜひこちらをご覧ください。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠が存在しており、キャッシング枠を使えばカードでお金を借りることも可能です。

しかし、総量規制と呼ばれる法律が改正されて年収の1/3以上の借入ができなくなってしまったことから審査が厳しくなり、収入の多い方でなければ多くのお金を用意することはできなくなってしまいました。

そこで誕生したのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化を簡単に説明するとショッピング枠を換金するサービスのことで、ショッピング枠は総量規制の対象外になっていることから、収入の少ない方でも多額のお金を用意することができるようになったのです。

また、少額の現金を用意するときにも使えますので、クレジットカード現金化は金欠のときに幅広く使えるサービスと言えるでしょう。

クレジットカード現金化の仕組み

ショッピング枠の現金化はカード会社には禁止されている行為です。

参考:クレジットカード現金化で注意したい利用停止のリスク

もともとショッピング枠は商品購入のために使われるものであって、お金を借りるための利用枠ではありませんので当然と言えるでしょう。

ですので、特殊な手順を踏まなければショッピング枠を現金化することはできないのです。

  1. クレジットカード現金化業者に申し込み
  2. 本人確認の手続きをする
  3. 業者に指定された商品を購入
  4. 現金が振り込まれる

具体的な手順はこちらです。

クレジットカード現金化を自分ですることもできますが、自分でする現金化は手間がかかり、カード会社にバレるリスクも高い行為です。

業者を使って取引したほうが簡単なので、クレジットカード現金化をするなら業者に依頼したほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化のメリット

このクレジットカード現金化には収入の少ない方でもお金が用意できること以外にも、さまざまなメリットがあります。

次はそのメリットについて詳しく確認してみましょう。

①.即日で振り込まれる

クレジットカード現金化はショッピング枠を換金する行為で、業者に依頼をすれば最短3分で現金を振り込んでくれます。

また、24時間営業の業者を使えばいつでも使うことができますので、急な出費にも対応可能です。

②.審査・来店する必要がない

クレジットカード現金化は正確には貸金業ではなく、商品購入のオマケとして現金を渡しています。

そのため、利用するのに審査が必要なく、ショッピング枠さえあれば誰でも簡単に使うことができるのです。

また、最近ではネット型で手続きを完結できる業者も多く、日本全国どこからでも来店せずに使うことができます。

③.誰にもバレずに使える

借金をした場合、在籍確認や支払い明細などから利用したことがバレてしまうこともめずらしくありません。

しかし、このクレジットカード現金化の場合はカードで商品を購入した履歴が残るだけで「クレジットカード現金化を利用した」という履歴が残ることはありません。

ですので、クレジットカード現金化は誰にもバレずにお金を用意できるのです。

家族や知人には内緒でお金を用意したい方にとって役立つ手段と言えるでしょう。

クレジットカード現金化の仕組みのまとめ

クレジットカード現金化は闇金と思われることの多いサービスではありますが、実際には金欠のときにとても役立つサービスです。

メリットも多くありますのでお金に困ったときにはクレジットカード現金化を使ってみてはいかがでしょうか?